問診票

診療内容

モバイルサイトQRコード

鼻の病気

鼻は外鼻(がいび)と鼻腔(びくう)、副鼻腔(ふくびくう)により構成されます。
特に鼻腔には、穴の中を通る空気を暖め、湿気を与え、埃などの異物を取り除き、さらに匂いを感じるといった多くの重要な機能があります。

鼻の病気には、主に以下のようなものがあります。

主な鼻の病気

アレルギー性鼻炎(あれるぎーせいびえん)

アレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となる物質)を吸入することで、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が出ます。のどに痒みを伴うことはありますが、風邪と違って痛みや熱がでることはあまりありません。
アレルゲンの内、花粉(特にスギ)によって症状が引きおこる場合を花粉症といいます。

通年性(つうねんせい)のアレルギー性鼻炎の場合はダニやハウスダストによるものが多いです。 内服や点鼻薬による症状を抑える治療が一般的ですが、他の治療としてレーザー治療や舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)などがあります。
当院でも今後随時導入を予定しております。

急性鼻炎(きゅうせいびえん)

風邪と言われるのは、主にウイルスによって起こる鼻、のど、気管に起こる急性の炎症を指します。
急性鼻炎とは急性の炎症が鼻の粘膜に起こった、いわゆる鼻風邪で、鼻水やくしゃみ、鼻づまりのほかに、多くの場合、鼻の痛みや咽頭痛、頭痛、発熱、全身のだるさ、食欲不振などを伴います。ひどくなると中耳炎や副鼻腔炎を起こすこともあります。

慢性鼻炎(まんせいびえん)

急性鼻炎を繰り返したり長引かせたりすると、鼻炎が慢性化することがあります。鼻の粘膜が赤く腫れて鼻づまりが起こり、色のついた粘り気のある鼻水が長い間出ます。早めの耳鼻咽喉科への受診をお勧めします。

急性副鼻腔炎(きゅうせいふくびくうえん)

風邪の症状が出てから1週間ほどすると、風邪に続いて細菌感染が副鼻腔に起こり、発症します。膿のような鼻汁が出ることがあります。頬や目の奥の痛み、頭痛、頭の重たい感じ、発熱などをともなうことがあります。
時に激しい痛みを生じることがあり、点滴治療や手術が必要になることがあります。

慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)

慢性副鼻腔炎の写真

急性副鼻腔炎が治らずに慢性化した病状を慢性副鼻腔炎と言います。がんこな鼻づまり(鼻閉)で、一般的に「蓄膿症」と言われます。
症状としては、鼻汁が絶えず出て来て、よく鼻をかむ、のどに落ちる、常に鼻がつまっていて、口で呼吸をしている、いびきをかく、においがわからない、頭痛がするなどがあります。
CTを撮影することで容易に診断が可能です。
軽ければ薬物治療で治りますが、鼻茸(はなたけ、ポリープ)が多かったり、複数の副鼻腔が高度に障害された例では手術を勧める可能性があります。

鼻出血(びしゅっけつ)

いわゆる"鼻血"と呼ばれる症状で、特に子どもの鼻血は日常よく見られます。その原因として、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、鼻風邪などがあります。これらの病気のために鼻の粘膜が荒れて出血したり、鼻水や鼻の痒みのため鼻をよく触って鼻の粘膜を傷つけ、出血したりもします。

多くの鼻血は入り口付近からの出血で大きな問題にはならないことが多いですが、出血がなかなか止まらない場合(特に血液をサラサラにする薬を飲んでいる方)や鼻血を繰り返す場合は、当院を受診してください。

CO2レーザー治療

当院では、CO2(炭酸ガス)レーザーを使った手術を行っております。アレルギー反応が起こる場所である鼻粘膜をレーザー照射によって変性させ、花粉やハウスダストなどの抗原が入ってきてもアレルギー反応を起こしにくくする治療法です。
その結果、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を抑えることが出来ます。
炭酸ガスは水分に吸収される性質があるので、鼻の粘膜の浅い層のみを凝固し、内部組織にダメージを与えませんので手術的粘膜切除、薬物による粘膜焼灼に比べ、疼痛・出血がほとんどありません。
季節性アレルギー性鼻炎にも通年性アレルギー性鼻炎にも効果的です。

このCO2レーザー治療は、次のような方にお勧めです。

ダニ(ハウスダスト)アレルギーの舌下免疫療法

2015年秋よりダニ(ハウスダスト)アレルギーの舌下免疫療法が保険適用となりました。ハウスダストのアレルギー鼻炎でお悩みの方は、当院までご相談ください。

季節を問わずに発症するアレルギー性鼻炎は「ダニ」が主な原因といわれています。
治療法はハウスダスト(家ダニ)の主要抗原である、ヤケヒョウヒダニとコナヒョウヒダニを含有するアレルゲン免疫治療薬を使用します。
薬は口の中で溶ける錠剤です。1日1回、舌を上げたところにのせ、完全に溶解するまで1分間保持し飲み込みます。その後5分間はうがいや飲食を控えます。これを毎日欠かさず行います。

対象年齢・服用期間

検査でダニ(ハウスダスト)アレルギーが原因であると診断された、12歳以上で適応となります。
お薬を2年から5年、毎日服用することで症状の改善や根治が期待できます。
※効果・治療期間には個人差があります。

舌下免疫療法による治療が受けられない方

※その他の疾患については、医師にご相談ください。


みねぎし耳鼻咽喉科クリニック概要

所在地
〒333-0869
埼玉県川口市芝宮根町1-13
電話
048-264-3387
アクセス
バス停「宮根」下車すぐ
蕨02/02-2: 蕨駅-東浦和駅・鳩ヶ谷車庫[国際興業バス]
蕨06: 蕨駅-川口市医療センター-新井宿駅[国際興業バス]
川口03・みんななかまバス: 蕨駅東口-(芝線)芝中央通り・上谷・芝支所・宮根・グリーンセンター-川口市立医療センター[国際興業バス]
診療時間
  日祝
9:00 ~ 12:00 - -
14:30 ~ 18:00 - - -

△土曜は9:00 ~ 14:00まで
休診日:木曜・日曜日・祝日

ACCESSMAP

イラストマップ