問診票

診療内容

モバイルサイトQRコード

睡眠時無呼吸症候群の簡易検査とCPAP療法

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS:sleep apnea syndrome)とは、寝ている時の呼吸停止や呼吸が低下するなどの症状が出る病気のことです。
睡眠中に呼吸が止まることで、十分な睡眠が得られないため、熟睡感がなく日中の眠気や集中力の低下などが起こります。また、睡眠中は大きないびきや、呼吸停止から途中覚醒が起こりやすくなります。
「いびきがうるさい、大きい」「日中に眠気を感じる」「慢性的に体の重い、だるさが続いている」などの症状が当てはまるようでしたら睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。
さらに、睡眠を阻害するだけではなく、心筋梗塞、脳梗塞を引き起こしたり、高血圧、糖尿病の原因にもなります。

睡眠時無呼吸症候群の簡易検査

睡眠時無呼吸症候群が疑われた場合、まず「簡易検査」を行います。専用の検査機器をお貸出しし、ご自宅で一晩検査を行ってもらいそれを解析して診断します。
ご自宅でお休み前に鼻に呼吸センサーを、指に血中酸素濃度を調べるセンサーを取り付けて一晩就寝していただくことで検査を行います。一時間あたりに10秒以上の無呼吸・低呼吸が何回生じるか、また同時に血中酸素濃度の低下が起こっているかどうかを測定します。

CPAP療法による睡眠時無呼吸症候群治療

睡眠時無呼吸症候群と診断されたら、CPAP療法(Continuous Positive Airway Pressure=経鼻的持続陽圧呼吸療法、通称シーパップ)をお勧めいたします。
CPAP療法とはCPAP(シーパップ)という機械を使い、鼻に装着したマスクから圧力を加えた空気を送り込むことによって、気道に圧力をかけ、気道の閉塞を取り除く治療法です。
睡眠時無呼吸症候群の治療ではもっとも有効です。

CPAP療法は検査を行い一定の基準を満たせば健康保険の適用になります。
その場合は月1回の定期的な受診が義務付けられています。あわせてCPAPの使用状況などをチェックします。

みねぎし耳鼻咽喉科クリニック概要

所在地
〒333-0869
埼玉県川口市芝宮根町1-13
電話
048-264-3387
アクセス
バス停「宮根」下車すぐ
蕨02/02-2: 蕨駅-東浦和駅・鳩ヶ谷車庫[国際興業バス]
蕨06: 蕨駅-川口市医療センター-新井宿駅[国際興業バス]
川口03・みんななかまバス: 蕨駅東口-(芝線)芝中央通り・上谷・芝支所・宮根・グリーンセンター-川口市立医療センター[国際興業バス]
診療時間
  日祝
9:00 ~ 12:00 - -
14:30 ~ 18:00 - - -

△土曜は9:00 ~ 14:00まで
休診日:木曜・日曜日・祝日

ACCESSMAP

イラストマップ